記帳代行

記帳代行のメリットとデメリット


メリット
・経理担当者を雇う必要がなくコストを抑えることができる。
・記帳に要する時間を本来の業務に利用することができる。
・必要書類を郵送するだけでよい。

記帳代行のメリットは、専門的な知識を要する経理担当者を雇う代わりに経理業務を記帳代行業者に委託するため、経理担当者に支払う賃金に比べると安価で済むというコスト削減効果がまず目につきます。
また、高価な会計ソフトを購入しなくても良い点でもコストを削減することができます。
起業したてのオーナー会社や自営業者ではオーナーが自ら経理を担当することも少なくはないですが、経理について勉強する時間や記帳に費やす時間を作るために業務が疎かになるという問題を解決することができます。


デメリット
・社内経理情報を業者に提供する必要があること。
・リアルタイムで自社の経理を把握することができないこと。
・コミュニケーション不足による行き違い

記帳を業者に委託する場合、どうしても自社の経理情報を業者に提供する必要があります。
これは記帳代行業者に限らず税理士等の会計事務所に業務依頼する場合にも同様です。
また、記帳代行サービスを月1度の頻度で利用する場合には、1月分の書類をまとめて業者に郵送し、業者がそれを基に経理を行うことになるため、その月の経理状況を把握することができるようになるまでに自ら記帳する物に比べれて1月程度のズレが生じることになります。
経理は直接その企業の利益を創出するものではありませんが、経営者にとっては経営判断に必要不可欠な存在でもあります。
次に何をすべきか判断する状況で自社の直近の状況を把握することができないという事が問題になる可能性も考えなければなりません。
必要書類を郵送するだけで必要な経理業務が完了するからといって業者とのコミュニケーションを疎かにすると、自分の考えが帳簿に落とし込まれないといった問題が生じることがあります。
特に日頃行わない取引を行った場合などはメール等で業者と連絡を取り合い、経営者の意図を伝えるようにしましょう。


記帳代行と税理士業務
記帳代行サービスを利用することで会計事務所(税理士事務所)に経理を依頼するよりも経費を抑えることができることが多いですが、会計事務所に経理を依頼する場合・会計事務所が行っている記帳代行サービスを利用する場合には税理士による税務相談等のサービスが含まれている事が多いため記帳に特化したサービスを提供することで安価に抑えているためです。
毎月のように税務に関して相談する事が無い場合には記帳代行サービスを利用することで経費削減効果が見込めるでしょう。
また、記帳代行サービスを行っている会社で提携税理士による申告業務等までサポートしているケースがほとんどです。
この場合に記帳代行サービスを選ぶポイントとして、やはりあなたの会社の本店所在地の近くに事務所を構えている記帳代行業者を選ぶのが良いかと思います。
現在は申告業務についても電子申告や電子帳簿保存制度などにより遠方のお客様の依頼も受けることが容易になってきていますが、税務調査が入った時に税理士に立会いを依頼する場合や月次巡回訪問などの業務について実費負担が思いのほか高くついてしまうなどの問題が生ずることがないか注意が必要です。


自計化のススメ


記帳代行のデメリットを理解して頂くと、経営を行うにあたっての重要な要素である「スピード」を求める企業にとって、自計化は不可欠の要素となることがわかります。
更に自社経理により作成した試算表を基に「専門的なアドバイス」を得るために会計事務所等の専門家と連携することが経理業務の効率化につながるのです。
当社はお客様に自計化を奨めているため、起業したばかりで経理について専門知識を有さないお客様についても、最初は原始伝票のみお送りして頂く方法をとっていただき、最終的には仕訳伝票をお客様自身で切れるようにサポートさせていただきます。
お客様が日頃行う取引を元に主要取引や単純な仕訳となる取引についてはお客様に仕訳伝票を切っていただき、処理に困るものだけ原始伝票でお送りいただくことで仕訳伝票と原始伝票それぞれの単価により料金を計算させていただき、料金を抑えることができます。

仕訳伝票が切れるようになれば、ほぼ自計化の準備が整ったと言っていいでしょう。
消費税の課税区分の判断など専門知識が必要な部分もあるかと思いますが、特殊なケースを覗き、毎月繰り返される取引の課税区分は過去の記帳代行の処理結果を見ればわかります。

あとは経理ソフトを導入するための費用や経理担当する者への賃金との兼ね合いを見て自計化をさらに進めるか、記帳代行を利用するかを判断しましょう。


当社では、特にご希望が無い場合にはミロク情報サービスの「会計大将」により記帳・経営分析を行いますが、自計化が進んだ場合ミロク情報サービスの「記帳くん」を導入 していただくことをオススメしております。
コレにより、お客様が「記帳くん」で経理した内容を当社の「会計大将」で訂正から経営分析まで行うことが出来るようになり、記帳代行サービスの利用を必要最低限に抑えることができます。