記帳代行

ライフプランニング

長い人生を安心して暮らすために必要な事は何でしょうか?
例えば何かを学習する上でも目標を達成させるために長期的な学習プランを立てて、さらに短期的なプランを具体的に立てますよね。
近年の社会保障制度の急激な変化をはじめとして、不透明な時代を安心して暮らしていくためには自助努力が欠かせません。
それが「人生の設計図」ともいえるライフプランを立てることなんです。

人生を設計していく上で考えなければいけないポイントは、いかにリスクをコントロールしながら夢を実現していくかということです。
人生の不安やリスクには、「経済的な不安」、「健康に関する不安」、「孤独に関する不安」などがあります。
これらに対応するのが、「ファイナンシャルプラン」、「健康管理プラン」、「キャリア開発プラン」などです。
この中で「ライフデザイン」による生涯の設計図に従い予算管理をしていくのがファイナンシャルプランです。
不安を解消して充実した人生を送ることができるように、また家族の夢を実現できるようにライフプランを立ててみましょう。

住宅資金・教育資金・老後資金

ライフプランを立てる上で3本柱と言える必要資金が「教育資金」「住宅資金」「老後資金」です。
これらの資金は切り分けて考えてはいけません。
生涯に獲得できる資金が限られている以上、教育資金で使いすぎると老後資金にどのような影響を及ぼすのかなど、資金どうしの関連性を考慮に入れてプランニングをおこなうことが重要です。
老後資金は教育費や住宅費次第で、準備できる金額が異なってくるわけですね。

資金面で厳しい時代が何年後に訪れるのか、その時期はどのくらい続くのか。
こういった現実も、ライフプランを立ててみると見えてきます。
計画を立てておけばそういった厳しい時期に不足すると見られる資金はどの程度なのか、そのときまでにどれくらいの資金を確保しておけばよいのかが見えてきます。
厳しい時代のために、今のうちからどれだけの準備ができるのかをしっかり考えてみましょう。