記帳代行

会社設立から記帳代行までトータルでサポート

ワンストップサービス

税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士等の連携有資格者と協力して会社設立からトータルでお客様をサポートいたします。

ひとりでできる会社設立

専門家の力を借りずにひとりで会社を設立できるのでしょうか?
これから起業しようとする方は「これまで会社を設立したことがない」という方が多いでしょうから、難しいように思うかもしれません。
ですが、情報化の進んだ現在では必要な情報を容易に得られることができるため専門的な知識がなくても難なく会社を作ることができてしまいます。

実際、どういった会社を設立したいのかという具体的な計画を法務局の窓口に行けば書類の書き方から定款の形式まで細かく教えていただけます。

当社も印紙代を節約するために電子定款を作成するために5000円の手数料を支払い電子署名をしていただいた点を除けばひとりで作業を行って設立されたものです。
印紙代4万円を払ってでも全てひとりで設立したい、電子署名をするための機材が揃っているという方は登録免許税等の必要経費以外の費用支払うことなく株式会社を設立することができるでしょう。

ただし、会社を設立する上である程度必要な知識を持って定款を作らなければ後々定款の変更が必要になり余計な費用が発生するといったことになる場合があるので注意は必要です。
しかし、インターネット上にはさまざまな形態の会社に対応した定款サンプルが存在するので、自分が設立したい会社に合った定款サンプルを選んで参考にすればこういった問題の発生を抑えることもできます。
定款サンプルの内容に手を加えた場合であっても、最終的に公証人の方のチェックを受けることで重大なミスを回避することができます。

専門家に会社設立の手続きを頼むことで素早く確実に会社を設立することができます。
自分でオリジナルの定款を作成したい、会社を設立したら様々な役所にお世話になるといった意味でも場馴れしたい、少し時間がかかっても何でも自分でやってみたいといった方であればご自身で会社を設立することを考えてみてはいかがでしょうか?


会社設立の大まかな流れは以下のとおりとなっています。

新会社法による改正点

 ①会社設立事項の決定

 ②定款の作成

 ③定款の認証

 ④出資の履行

 ⑤会社設立登記申請書の作成

会社設立登記を申請しに法務局へGO!

当社が設立手続きに用いた定款や各種書類もサンプルとして提供しています。
会社設立をひとりでしてみようという方のお力になれれば幸いです。