金の売買情報が税務署に報告されることになります。

サラリーマンの確定申告

金の売買情報について


貴金属(金貨や金地金)を貴金属店に売却した場合、生命保険会社や証券会社のように税務署に報告が行きますか?
金の値上がりを機にを売ろうと思っています。

平成24年1月以降、金地金等の対価の額が200万円を超える場合は、買い取った取引業者から税務署へ「支払調書」の提出が義務づけられることになります。

これまでは税務署が取引業者に調査に入った場合にしか売買情報を税務署に提出することがなかったのですが・・・
今後は、売買時に身分証明を要することとなる200万円を超える大口取引の場合には税務署もその取引を把握しているということになります。

一回当たりの対価の額が200万円以下の場合には取引業者は報告義務がないこととなりますが、金の売買等により一定の所得が生ずる場合には確定申告をしなければならない事に変わりはありません。
なお、売却益が出た場合の所得はその取引の実態によって譲渡所得、雑所得あるいは事業所得として取り扱われます。
どの所得に分類されるかは、単発的なものか、反復継続的に行っているものか、事業として行っているものかなどで分かれます。